研究の興味など


研究の興味という意味では、インフォーマルな(点と点の)直接的な結び付きと、フォーマルな(面での)間接的な結び付きとが実社会の情報のやりとりの実態であって、(ネットワーク)組織を一般均衡に拡張しようと、やっきなっていた時期もありましたが、意思半ばで挫折。意思が弱いんですね。結果が出る前に形にしようとしてしまった自分がいて、書きかけで、当時は何か見通しがありました。


2019年の今、2004年に博士号取得して(あれ、15年前っす)、プロの研究者にはなれずに(ならずに?)、今、ちょっと、面白いことが言えそうで、面と線の研究と言いましょうか、もう、経済学じゃなくて、社会学的な雰囲気もありそうな、でも、通勤電車の中で、とても楽しく、パラメトリックな不動点定理とか、電車でニマニマして論文を読んでいて、結局、その定理では、できるかなぁ、っ思っていたことは証明できないんですが、だからこそ、むしろ、僕の思いが確かなものとして、論文にしなきゃならないと思って、今、電車の中で研究してます。(以下酔った勢いの文書だったので削除)ですが、年内には書きあげたいです。

他の同志もいると思いますが、頑張れ、通勤電車内研究者!

過去の研究(お前はプロの研究者じゃないと言われそうですが(笑))

確かに雑誌にはランキングがあって、上位の雑誌にはなかなか載らないです。私も何度も討死しています。じゃあランキング下位なら載るかというと、ランキング下位の雑誌も、なかなか載りません。しかし、いくら載らないからといって、お金さえ払えば載せてくれる非査読雑誌に載せて、あたかも査読雑誌に載せているかのように業績に列挙している「プロ」の研究者がいらっしゃるのは、プロの研究者になれなかった私としては、とても残念でなりません。

一応ワーキングペーパーとでも言っておきましょう(ええ、永遠のワーキング)

・Oishi,H.,2013,Socially Subjective Equilibrium in Extensive Form Games,某雑誌に投稿しようかなあぁ(まあ、ハゲタカジャーナルに載せるつもりは無いですが)。
・Oishi,H.,2013というか本当は2003,A Note on alpha/beta-Shapley NTU value in strategic form gamesメモ書きレベルです。恥しい内容かもしれません。最後の一文は「だったら、応用してから書きなさい」なのですが、concave functionが実は条件として厳しいということは、感じております。